ハイドンの生涯:晩年期

1790年、エステルハージ家の当主ニコラウス・エステルハージ侯爵が死去します。後継者のパウル・アントン侯爵は音楽に興味を示さなかったため、ハイドンは年金暮らしを余儀なくされます。

ハイドンの晩年期

しかし、ハイドンにしてみれば、自由に作曲する時間を得ると同時に、安定した収入を得ることができたため、悪い話ではなかったようです。

1791年〜92年、1794〜95年、ハイドンはイギリスを訪れ協奏曲を発表し、高い評価を得ることになります。

ハイドンの有名な作品である「驚愕」「軍隊」「ロンドン」などの交響曲や、弦楽四重奏曲「騎士」は、このころの作品です。

ハイドン

ハイドンはイギリスに移住し市民権をとることも考えますが、最終的にはウィーンへと帰ることを決断します。

ウィーンでは宗教的な作品の作曲にとりかかります。オラトリオ「天地創造」「四季」や、 エステルハージ家に捧げるためのミサ曲を6曲作り上げます。ハイドンは60歳を過ぎてもなお、創作意欲にあふれていました。

1802年、ハイドンは持病が悪化し、なかなか作曲することができない状態となります。 創作意欲があふれでるハイドンにとって、病気は耐え難い苦痛でした。

使用人に看病してもらいつつ、ハイドンは自分が作曲したオーケストラをピアノで弾くことで、苦痛を和らげていたそうです。1809年、ハイドンは亡くなります。

ハイドンの埋葬には奇妙な逸話があります。ハイドンの崇拝者であるヨハン・ペーターとローゼンバウムがハイドンの首を切り落として、手元に保存していたそうです。そのため、ハイドンの遺体は頭と体が切り離されて埋葬されています。


Copyright ハイドンのすべてがわかる All rights reserved.

privacy